御守り(バッジ)の解説

御守りについて、解説を致します。
御守りは、我々人間(人に宿る~)が使用する為に許されたものです。

 

< 御守り(バッジ)で使用する紋 >

※ 御守りで使用する紋が球体の理由は、~ノ大元ノ大神様の中に全てが存在しているからです。

 

二つの図で最も異なる所は、中心の~と言う文字が手書きか否かにあります。
 手書きの方は、オリジナルであり唯一つである事を表し、機械的な方は、オリジナルではなく、あらゆる所に存在している事を表しています。
 即ち、手書きの方は、原初の神=~ノ大元ノ大神様を示し、機械的な方は、大元から分けられた~、即ち人に宿る沢山の~々を示すのです。
 今迄人間の中(心)にあるのは、魂だと言われてきましたが、実は~ノ大元ノ大神様より分けられた~が宿っているのです。

 

 

 

御守り(バッジ)関連ページ

御札
この度、御使いの神様から賜わりました、~周士の会の御札について、説明を致します。
~紋
この度、御使いの神様から賜わりました、~周士の会の神の紋について、説明を致します。
三角の構図
私達会員は皆様に、この会を紹介するために名刺を作らせて頂いております。 その名刺の表面には氏名、裏面には図形を描いています。 その図形は、~心を構築させるため、~との繋がりが解り易いように描いております。